「生きてるよ~」

3ヶ月近くブログ書いてなかったけど、元気に生きてるよ!

この夏は一週間、子ども達と八丈島で毎日飽きることなく海に潜り続けた

おかげで真っ黒


私は離婚して子ども達と住む家がバラバラになった4年前から、毎年夏休みには、必ず子ども達と長期の旅をすることに決めている

お金をかけない、宿には泊まらない、できる限り自然界を感じながら普段できない体験をするのが旅のモットー

4年前の夏は、伊豆大島で民家を借りて一ヶ月まるまる子ども達と過ごした

その民家は、アマゾンに長年住んでいたという変わり者の前住人が、家中の壁を真っ黒に塗っていたので、家はまるでお化け屋敷のようだった

実際お化けもウロチョロしていたけど(笑)それらは無視し、私はすべての壁を白いペンキで塗り直した

前住人が「アマゾン亭」と名付けていたその家を、私は「アマゾネス亭」と名付けた

大島の友人達が、車も冷蔵庫も扇風機もふとんも食器もお鍋も、すべて生活に必要なものを「アマゾン亭」に運んでくれた

おかげで、私達は快適な暮らしができたし、その夏は東京の友人達がたくさん「アマゾネス亭」に滞在してくれた

元太と二葉は地元の子ども達と毎日海で遊んだ

私達大人は、毎晩お酒で語り合った

大島は子ども達と私にとって大切なふるさとになった


3年前の夏は長野の戸隠で2週間キャンプ生活をした

毎日薪を燃やし、飯ごうでご飯を炊いた

今時のキャンプは皆、車で来るので、ガスコンロやらダッチオーブンやら、とても野外とは思えない豪華なダイニングが出来上がる

薪と飯ごうなんて今時やらないのだ

だけど、車のない私達は必要最低限の道具だけで、他の家族と比べるとなんともみすぼらしく、まるでスラム街のようだった

戸隠の夏は短い

あんなに賑やかだったキャンプ場が、8月後半になると私達だけになってしまった

飯ごうを流し場で洗っていると、地元のおばちゃんが「飯ごうか~、懐かしいわ~、おこげがおいしいんよね」と話しかけてくる

少し世間話をした後におばちゃんは「飯ごうでご飯を炊いてくれるおかぁ~さん」と優しく独り言のように言って去っていった

おばちゃんが去った流し場で、私は一人ポロポロ泣いた

私達の夏は他の家族のように車もなかった

ガスコンロも素敵な食器も、タープもなかった

キャンプには欠かせないお父さんだっていない

私は子ども達と一緒に暮らしてないし、いままで母親らしいことをしてあげてきただろか?

あらゆる罪悪感を抱えて、それでも突っ張って片意地張っていた夏

「飯ごうでご飯を炊いてくれるおかぁ~さん」

おばちゃんの言葉は、私の罪悪感を優しく包んでくれた

そしてその夏、子ども達は戸隠の忍者村で大いに過ごしていた


2年前の夏は八丈島

八丈島とカウアイ島を行き来して生活している素敵な友人ますみちゃんが島には住んでいて、彼女の家にお世話になった

その夏、私達はラッキーだった

ますみちゃん家にはサバイバルを知り尽くしているネイチャーガイドのなおみちゃんがちょうど滞在していた

私達は彼女から海の潜り方

モリで魚をつくこと

さざえを割ることなど教えてもらった

その夏、子ども達は深く八丈の海を愛した


1年前の夏は北海道で2週間を過ごした

寝袋を抱えて1日1日を計画を立てずに感じたままに行動した

2週間の間、お風呂に入ったのは2、3回だけ

夏なのに、北海道の空気は爽やかで私達の体は不思議なくらい汚れなかった

子ども達はたくさんの人との出会い、たくさんの体験を通して自信をつけていった

 

今年の夏は、子ども達の一番のリクエストだった八丈島に行き、ふたたびますみちゃんのところでお世話になった

モリ片手に海の中で魚を追いかけた

魚を追いかけると泳ぎがとたんに上手くなるんだ

心も体も魚になるから

収穫はたった一匹だけだったが、元太が射止めた

魚嫌いの元太の代わりに、私が食べた

白身のやさしい味がした

体は真っ黒

海と太陽のエネルギーをたっぷり体に吸収させられた


子ども達はこの夏、初の富士登頂も果たせた

初めて体験する3776mの世界

私の72歳になる父親と妹の徹子が連れて行ってくれた


今年もまずまずの夏が過ごせたことに満足

元太は今年4月から入学した自由の森中学の寮生活に戻っていった

彼はすっかり埼玉の飯能の山の子だ

そして二葉は小学校に復帰できずに、夏休みはまだ続いてる(笑)

がんばれ~

 

 

 

【お知らせ】

★《オリン 魂が目覚めるチャネリング講座》

☆第2期・姫路クラスは

2015年2月24日(火)スタートです。

(こちらは残席1名です)

 

☆第3期・江ノ島太陽堂クラスは4月4日(土)スタートです。

(こちらは満席になりました)

 

☆第4期・山形クラスは月開講予定です。(こちらは残席3名です)

 

☆他にも大阪クラスを予定。

すべて参加者の方と日程を相談していきますので、希望がありましたら、お問い合わせください。

⇒詳細はこちら