「愛」

″もっともっとシンプルな愛になりたいな~″の言葉で終わった前回のブログから、2ヶ月経っちゃった

みなさん、お元気でしょうか?

その言葉通りに、この2ヶ月、激しく愛の学びの中にいた

毎日めまぐるしく愛を体験していた

毎日毎日、めまぐるしい体験で全く言葉にならなかった

今やっと言葉になるかも…と思い、パソコンに向かっている

何から書いたらいいんだろう…


私ずっと、頑張ってきたのはパートナーシップなんだ

それは、真剣に取り組んできた

男女のパートナーシップ

生涯のパートナーを探してきた

永遠なる1人を探してきた

出会う人、出会う人、この人だろうか?、この人だろうか?って… ハハハ(笑)

今、私が学んで、気付いていることは、永遠なる1人はいないんだってこと

私という宇宙を、1人の男性で満たすことは無理なんだってこと

愛されることを許可して間口を広げたら、愛された

この2ヶ月、びっくりするくらいに

そのかわり、私もみんなを愛そうって

出し惜しみや駆け引きはしないで

男女のパートナーシップ

永遠なる1人を探し続けてきた私は、瞬間瞬間の多数に移行したの

1:1の図式が、1:多になったの

すんごいシフトだよ

以前の私、前のパートナーと暮らしていた私は、このシフトにうすうす気付いていた

1人で満たすことはできないってこと、愛の間口を広げなきゃいけない自分の変化や、時代の変化にうすうす気付いていた

でもそれは恐ろしく怖いことだった

なんでって、今目の前にいるパートナーとは永遠にこの状態は続かないんだってことを認めなきゃいけないから

彼に他にパートナーができたり、私に他に好きな人ができて、二人の関係性が変わることだってあることを認めなきゃいけないから

それは恐ろしく怖かった

シンプルに言うと、彼に私以外の好きな女性ができるのは″死ぬこと″よりも怖いことだった


ちょっと前の話になるが

前の前のパートナーは、突如、私以外に好きな女性ができて、すぐ二人は結婚し子どもが出来た

あまりにもショックで、私は電車に乗っていてもパニックが起きるから、東京には住めないんじゃないかと思った

伊豆大島に移住しようとごちゃごちゃやっているうちに、救世主のように次のパートナーが現れてくれた

それが去年まで一緒に住んでいた彼

彼は120%、捨て身で私を大切にしてくれた

私は別れの痛みを抱えていたままだったし、夫との離婚も成立していなかった

彼の捨て身に答える準備は、まだできていなかった


そして「自分のパートナーに第三者の女性が突如現れる」というのは、私の完全なトラウマストーリーとなっていた

それは自分が死ぬことよりも恐ろしい、絶対に絶対にぜーったいにっ!、人生に起こってほしくないことだった

そしてトラウマは繰り返された

彼は私のトラウマストーリーを丁寧に再現し、女性のにおいをさせながら家を出ていき、その女性とすぐ結婚した

去年の夏、私は完全に死んだ

人生で一番怖いこと、恐れていたことが起こったんだ


夏、子ども達と行った北海道の森で毎日泣いた

熊除けの鈴を腰に付けて森の奥に入っていき、唄い、そして泣いた

離れてはじめて、彼の存在の愛おしさ、命の美しさが見えてきた

美しい人だと思った

愛おくて愛おしくて、彼を永遠に自分のものにできるのならば、彼を殺して食べてしまいたいと思った

自分の一部になっていた彼が離れていく、しかも一番恐れていた別の女性の元に…

身を剥がされる痛みに声をあげて泣いた

そして、森の中で気付いた

自分以外の命を、永遠に自分のものにすることは出来ないんだってことに…

その事実にまた泣いた

たとえ自分の子どもだろうが、どんなに愛おしくてもどんなに美しくても、その命はその命のもの

そう考えると、すべての命が美しく愛おしくて、泣いて泣いて泣きはらした

去年の夏、私は死んだんだ

厳密に言うと、死んだのは私の中のプライドと恐れと幻想

だけど、いままで何十年も慣れ親しんだプライドと恐れと幻想が死んでいくのは痛い

強烈に痛い

痛みに叫びながらも、いままでプライドとあらゆる恐れが邪魔して、開きたくても開けなかった扉が、カチッと開いたのを感じた

扉は完全に開いた

そこから、自分の中にあった愛が溢れてきた

扉から溢れる愛で世界を見ると、すべてが美しく、愛おしく見えた

それは気が違くなるかと思うほどに

実際、自分の内側には、世界中の命を愛してもまだ余るほどの愛があった

こんなに溢れる愛を、たった一人の人に近視眼的な距離でやりとりしようなんて、そりゃあお互いに辛くなるなと思った

森の中で、痛みで泣いているのか?愛に震えて泣いているのか?やがて境はなくなって、ただ涙と嗚咽だけがあった


それでも、私は元気に永遠なる一人を探していた

この人だろうか?この人だろうか?って…

それは昔からの強烈な癖

そして震災が起こって…。

オリンは愛を説き続けている

″あなた達は愛でできている

宇宙も愛でできていると…。″

私は北海道の森で、自分の内にある尽きることのない多大な愛を見た

1:1でやりとりするには余りある愛を

この2ヶ月、永遠なる一人を探す癖を止めて、愛の間口を広げたんだ

見える景色は一変した

一気に視界は広がり、私自身が軽くなった

もらえる愛は遠慮なく貰おう

与えたい愛も遠慮なく与えよう

だって私達は同じ愛からできているんだもん

自分が減ったり、損したり、傷付いたりは古い癖

愛の概念を誤解していたところから起こる痛み


フ~、やっと言葉になった

2ヶ月ぶりに書けた

 

 

【お知らせ】

★《オリン 魂が目覚めるチャネリング講座》

☆第2期・姫路クラスは

2015年2月24日(火)スタートです。

(こちらは残席1名です)

 

☆第3期・江ノ島太陽堂クラスは4月4日(土)スタートです。

(こちらは満席になりました)

 

☆第4期・山形クラスは月開講予定です。(こちらは残席3名です)

 

☆他にも大阪クラスを予定。

すべて参加者の方と日程を相談していきますので、希望がありましたら、お問い合わせください。

⇒詳細はこちら